他都市の路面電車2


岡山電気軌道

 

営業キロ数 : 4.7km 

 

停留所数  : 16

 

軌 間   : 1067mm

 

電 圧   : 600V

 

 

 1912年、全面的に路面電車で運行開始され、路

 

線延長をしていきましたが、1968年に  一部路

 

線の廃止があり、2002年MOMO(LRV連接)

 

の導入しました。このLRVは、のちにいろいろな

 

賞を頂き、富山市、高岡市のLRTの基礎になって

 

いきます。

 

 

MOMO 9200型 

 

全長18m 全幅 2.4m 全高 3.407m 

 

定員74人 重量 20t

 


 

 

 

MOMOの外見は斬新でありながら、

 

内装は木目調の床、座席、ランプ照明

 

と落ち着いた雰囲気、低床車で乗りや

 

すいのですが、車体が長く重量がある

 

と、制動距離が長くなり、停止位置の

 

間隔がつかみづらいなど一長一短があ

 

るようです。

 

 

 

岡山駅の電停も手前の電停(左の写真

 

内奥)で、乗客を降ろしてから駅側

 

(写真手前)で乗車させる方法で、電

 

停の混雑緩和を図っているようです。


伊予鉄道

 

 

営業キロ数 : 9.6km

 

停留所数  : 27

 

軌 間   : 1067mm

 

電 圧   : 600V

 

 

 

 

 

業区間  市内路面電車

 

大手町線 1.4km 駅数 5駅


城北線  2.7km 
駅数   9駅


城南線  3.6km
 駅数  11駅

 

本町線  1.5km  駅数   5駅

 

花園線  0.4km 駅数   2駅


 

 

 

 昔、松山市内と松山の港であるを三津浜港までは交通

 

 状況(特に道路)はいい状態ではなかった。 そこで、

 

 創業者である小林信近はイギリス人技師に鉄道につい

 

 て教授してもらい建設費を抑えた軌間762mmの軽

 

 鉄道を開設、四国では初めの運行をしたとのことです。

 

 

 

  坊ちゃん列車

 

 

 坊ちゃん列車は2001年に復元されました。

 

 この列車は復元前は蒸気が動力源でしたが、

 

 現在は、ディーゼルエンジンとなってます。

 

 

 全 長 3.9m  幅 1.75m

 

 汽笛や蒸気音は、音声再現をしています。

 

 

 

 この伊予鉄道では、全国にない路面電車の踏切があり、

 

 専用線との交差部分があります。

 

 

伊予鉄道(愛媛県松山市)

 

2017年1月、市内電車に新型LRT車両

 

の5000形新型車両を導入

 

低床バリアフリー型で、通路の幅が現

 

行より0.24m広い1.22mになり、定員

 

は2100形の47人(うち座席20人)か

 

ら約28%多い60人(同26人)にます。

 

 

車体寸法は、長さ12.5m 幅2.3m 

 

      高さ3.8m

 

 

車内にはフリーWi-Fi、デジタルサイ

 

ネージ、回生ブレーキやLED照明の

 

採用をしています。


土佐電鉄「とさでん交通株式会社」

 

 2014年10月1日に土佐電鉄道株式会社・

 

 高知県交通株式会社・土佐電ドリームサービス

 

 株式会社の3社が統合し「とさでん交通株式

 

 会社」を設立しました。路面電車として営業

 

 キロ数25.3kmとなりました。高知市を

 

 中心とし、東は南国市西は吾川郡いの町まで

 

 運行し町と町を結ぶ都市間電車の一面も持ち

 

 合わせています

 

 

営業キロ数 : 25.3km

 

 

停留所数  : 78

 

 

軌 間   : 1067mm

 

 

電 圧   : 600v

 

 

  

 

伊野線  11.2km  駅数 34駅

 

後免線    10.9km  駅数 33駅


桟橋線   3.2km  
駅数 11駅
 

 

 

 

 

 

   

   全長:17.5m  全幅:2.3m

 

   全高:3.99m  製造初年:2002年

 

   定員(着席):71(座席28)名 

 

    ハートラムの導入は2002年4月。公共交

 

   通を通じてバリアフリーや環境問題をアピー

 

   ルしようと、国や高知県、高知市、南国市、

 

   伊野町の補助を受けて1編成を1億9千万で

 

   購入しました。(通常価格2億5千万)


広島電鉄

 

 

営業キロ数 : 35.1km 

 

(併用線19km+専用線16.1km)

 

 

停留所数  : 77駅(9系統)

 

 

軌 間   : 1435mm

 

 

電 圧   : 600v

 

 

  

  1912年 駅前から宇品線の一部、100型

 

 50両で、広島電気軌道として運行開始しまし

 

 た。1922年 大阪市電より100型電車

 

 10両導入に、所有の100型電車を0型とし

 

 て区分後、路線の延長や車両を導入しました。


 1931年 宮島線の全開通があり、火災によ

 

 る車両の入替で100型が450型などに変更

 

 され、部分的に単線から複線になりました。

 

 その後、1942年に今の広島電鉄となります

 

 

1945年 現在の原型となる路線が出来た状態で

 

広島に原爆が投下されました。1960年に戦後の

 

路線復元や車両の導入、入替がありましたが、車社

 

会による問題が深刻になり、 その後、調査団による

 

調査等により、このままだと、さらに渋滞が進み、

 

廃止すると 公共交通 の環境悪化、地下鉄を開通させ

 

るには地下地質の悪さがあり、不可能であったよう

 

です。1999年 グリーンムーバー(5000型)

 

の導入し、2004年にはグリーンムーバーMAX

 

(5100型)の導入しました。長さ30mある車両

 

は、中心街の停留所では車両がはみ出るところがあり

 

車内アナウンスで前方のドアから降車してくださいと

 

アナウンスが流れます。


 

グリーンムーバーMAX (5車体3台車)

 :
全長30m 全幅 2.496m 全高 3.645m 

 

定員149(座席56)人 重量 33.9t

 

 

 2004年に路面電車大国である広島に行け、

 

とてもうれしいです。さらに車庫を拝見させ

 

頂きスタッフ一同の方には、お手数をおかけし

 

ました。いろんな車両が拝見できたほか、最後

 

にお稲荷 さんもあったので、ここに来れたお礼

 

を拝んできました。 それにしてもすごい、規模

 

の大きさといい、グリーンム-バMAXの大き

 

さといい、なにせ後ろか ら運転席が見えないん

 

です。街の停留所は「はみるのでドアが開きま

 

せん。」とアナウンスもあり 広電西広島駅は、

 

まさにJRの駅です。宮島口までは専用軌道も

 

あり、スピードあり、信あり ホームあり、改

 

札機が外にあり、本当に確認して乗車しないと

 

どこへ行くかわらない路線規模。本 当に路面電

 

車と一言では言えない体験をしてきました。

 

ただ、専用軌道も走行する広島ですが、中 距離

 

輸送にしても街中では連結車輛の数が多いため

 

効率が悪い面もあるのでは…、中心街では、

 

 分離するといいかもしれません。

 

 

 

2013年、広島市も124両のうち48編成が製造

 

から45年を過ぎるとのことです。そこで、2027

 

年までに40編成を超低床車に置き換える目標を持っ

 

ています。今回、2013年新車両導入にあたって車

 

両の愛称名は、ピッコロ、ピッコラ(イタリア語)で

 

小さいという意味だそうです。この車両の特徴は、今

 

までの30m級から18.6m級の車両となりました

 

これについては、省エネ、エコ、街中の利便性を考え

 

たものでしょうか



車両データ :

 

全長 18.6m 全幅 2.496m

 

全高 3.645m 軌間 1435mm 

 

台車 4輪独立(電動機4台) 

 

編成 3車体2台車連接固定編成

 

編成定員 86名(座席33席)

 


長崎電気軌道

 

営業距離 : 11.5km   

 

駅  数 : 39駅

 

軌  間 : 1435mm  

 

電  圧 : 直流600V

 

1915年に大学病院前 -築町間などが開通しますが

 

1945年の原爆投下で全線不通になりますが、その

 

年に長崎駅前―蛍茶屋間で運転を再開しています。

 

の後、1990年代入ると、電停や路線の廃止が始

 

りました。

 

 右の写真は、160形電車で廃止されていく車両の

 

中で、廃車をまぬがれて戦前・戦後の標準色の緑一色

 

に塗り替えられましたが、その後、明治時代のスタイ

 

ルに近い姿に復元され、長崎の創業時の茶色一色に塗

 

り替えられました。車籍を持つ動態車としては日本最

 

古および、唯一の木造ボギー車です。

 

また、通常の営業運転には使われておらず、イベント

 

や貸切に使われるそうです。


 

車両自体は1980年に2000形の軽快電車を導入された

 

ほか、2002年には低床車の導入をました。一つ目

 

(上記左写真)の低床車3000形は、2005年にローレ

 

ル賞受賞。1編成、3連接で全長15.1m、重量22t

 

定員63で、中間車両は、両サイドの車両とスロープで連結

 

されているため、段差がないです。また、2つ目(右上の写

 

真)は2011年5月に運転開始された低床車の5000

 

形です。全長16.3mで3000形より1.2m長く、幅

 

2.3mで0.8m増えました。座席は一人減ったものの、

 

乗車人員が10人増えました。この5000形は2012年

 

に1編成増やされ、5002形が運行されています。長崎で

 

も他都市から電車を譲り受けてきて、営業に使用しています

 

そして、車両正面にどこから来た車両なのか看板を付けてい

 

ます。左下から、東京、仙台、熊本でした。 

 


熊本市交通局

 

 

営業キロ数 : 12.1km

 

 

停留所数  : 35

 

 

軌 間   : 1435mm

 

 

電 圧   : 600v

 

 

1924年に熊本駅前 -水前寺間などが開通し、熊本

 

市が運営を開始しました。市が鹿児島電気軌道を買収

 

し、路面電車を運行しました。1935年には、上熊

 

本駅方面が延長となりますが、1965年には路線の

 

廃止が部分的に始まりました。さらに熊本でも路面電

 

車を廃止する計画があり、採算悪化や車社会との共存

 

性が難しいことから、1980年ごろには予定されて

 

いたほか、モノレール建設計画もありました。しか

 

し、市民の存続を求める声や車社会の見直し等によ

 

り、存続が決定されました。

 

 

 

1970年には日本で最初に導入された超低床路面電車

 

です。電気部品は、ドイツの部品を使用していますが、

 

近、メンテナンス上、不都合があるため、他社のものにし

 

ているようです。また、この車両は1998年ローレル賞

 

を受賞しています。最初のLRTということもあり、車内

 

他の都市のものより若干狭く感じました。

 

 

 

12年ぶりの2009年4月より新型車両を導入

 

しており、前回のLRTの違いは、定員が76名

 

から82名となり、バックミラーはなく、後方の

 

映像を運転席の画面で確認、出入口部分の床面高

 

さは路面から300mm、車内の通路部は360mmと

 

同じですが、全長15cm短く、全幅5cm長く

 

全高47cm高い、そして、重量が4トンと重く

 

なっており、気になるところです。

 



800型

 

 

全長18.4m

 

全幅 2.4m 

 

全高 3.407m 

 

定員52(座席30)人

 

重量 25t


 


鹿児島交通局

営業距離:15.2km(内 センターポール化

 

8.75km) 駅 数:26駅  軌 間:

 

1435mm 電 圧:直流600V

 

1912年に谷山線の一部に鹿児島電気軌道が

 

運行を開始しましたが、1928年に広島市が

 

鹿児島電気軌道を 買収し、路面電車を運行しま

 

した。時代の流れから国道の渋滞緩和のため、

 

上町線伊敷線を廃止しました。 しかし、その中

 

で営業区間の半分強をセンターポール化し、

 

2002年には、3連接構造の連接低床車(全

 

長 14m)の導入。2007年には、5連接構

 

造の連接低床車(全長18m)の導入をしてい

 

ます。また、郡山を過ぎ、まもなく谷山までは

 

専用軌道で踏切も数多く、結構、速度を出して

 

いました。それから電車の車庫にお邪 魔し、い

 

ろいろなお話をお聞きしました。いまだ桜島が

 

噴火するそうで、灰が風向きにより飛んできて

 

洗車に 苦労すそうです。また、車庫も古く、近

 

い将来市立病院と一緒に郊外に建てる計画があ

 

ったり、軌道に芝を植えていることから、芝刈

 

り電車の検討もあり、将来がとても楽しみな鹿

 

児島の電車でした。


 

1番目(左上の写真)はLRTユートラム1000

 

形(2003年ローレル賞受賞)と500形、95

 

00形、右下の写真は縦移動式ターンテーブルです

 

札幌では、入庫後、車庫内を1周するようにポイン

 

で停車位置の路線へいきます。

 

 

 

ユートラム7000型 : 

 

全長18m 全幅 2.45m 全高 3.75m 

 

定員78人 重量 25.5t

 

 

 

 

左の写真は、路面電車最南端の電停で

 

 

谷山駅です。最南端駅として立派な駅

 

 

でした。
 

 

 ちなみに路面電車の最北端の電停は

 

 

この札幌の西4丁目駅となります。


プロバイタのホームページ公開サービス停止のため、整理しながら
徐々に引越します。