中島公園通

 

中島公園の元は、明治時代初期に豊平川沿いから伐採さ

 

れた木材の貯木場となっていました。その後、公園とな

 

りましたが、競馬、物産共進会、博覧会などのイベント

 

開催や文化財等の移設、博物館、コンサートホール等の

 

建設など、公園としての機能以外にも祭り各種大会、イ

 

ベント、スポーツと幅広く利用されている公園です。

 

 

 次の停留所:

 

 

外回り 行啓通  473m

 

 

内回り 山鼻9条 347m

 

 

ここの停留所を降りて、東へ行くと中島公園の西側

 

にある豊平館へでます。ここから北に向かうと、中

 

島公園の出口にある山鼻9条で紹介したパークホテ

 

ルに出て、すすきの方面へ出ることができます。公

 

園内には、天文台、こぐま座の他にコンサートホー

 

ル キタラもあります

 


 

豊平館:入館無料 休館日 毎月第二火曜日 年末年始


    開館時間 9時00分~17時00分

 

 

 この豊平館は、明治13年に現在の市民会館とテレビ

 

塔の位置に洋風ホテル(1階は客室4、食堂、ビリヤー

 

ド、ロビー、浴室、2階は客室4,宴会場、ロビー


厨房が1階と地階にあった)が建てられ、昭和33年に

 

今の中島公園に場所を移し、郷土館、美術館として使用

 

されたほか、市営結婚式場にもなりました。昭和39年

 

に国の重要文化財に指定され、昭和61年に現在の豊平

 

館に修復されました。展示室は、大正時代の天皇が座っ

 

たという椅子や大正天皇が使用したベットが復元されて

 

いるほか、宮内庁の貴賓接待所だった当時の陶器類や建

 

物の資料、文献などを展示されています。

 

 

 

天文台:開館時間 10時~12時 14時~16時

 

    休館日 月曜、火曜の午後、祝日、年末年始

 

 昭和33年に開館し、太陽の観察と夜間の天体観測が

 

あり、内部には20cm口径のレンズを持つ屈折望遠鏡

 

を備えています。太陽を観察対象として無料開放を行っ

 

ています。さらに、夜間公開も実施しており、雨天また

 

は曇天時以外に星の観望会を行いました。

 

 

 

子供人形劇場 こぐま座:開館・公開日時 火~土曜日

 

の9時から22時。日曜の9時から17時。

 

休館日 月曜日、年末年始

 

公立として日本で初めて出来た人形劇の専門劇場で、昭

 

和51年7月に開設されました市長が姉妹都市のミュン

 

ヘンを訪れた際に、真剣に人形劇を見ている子どもたち

 

の姿に感動を受け、札幌にもぜひ人形劇場を造りたいと

 

いうことから人形劇場ができました。こぐま座では、人

 

形劇・腹話術・紙芝居など、市内で活躍しているアマ

 

チュアが中心となって上演を行っています。

 

 

 

コンサートホール キタラ:休館日第1,3月曜

 

平成9年7月にオープンし、2008席の大ホール、

 

453席の小ホールがあり、高さ12m、幅10m 

 

五千本の国内最大級のパイプオルガンがあります。


 キタラでは、コンサートの開演前や幕間にいくつかの

 

ドリンクコーナーで、コーヒーやビールなどの飲み物

 

サンドイッチなどの軽食があり、また、テラスレストラ

 

ンがありコンサートの余韻に浸りながらディナー、中島

 

公園を眺めながらのランチを楽しめます。

 

(営業時間11時30分~21時00分)