すすきの

 

2015年12月に始発終点の停留所だった

 

西4丁目とすすきのが延伸されループになり

 

の際、後方の電車に影響のないように貸切

 

電車など待避させ、休憩、待ち合わる場所が

 

あります。私も貸切電車に乗り、路面電車の

 

ガイドをした際、すすきのを始発とし内回り

 

で西4丁目周りで電車事業所まで行き、休憩

 

(トイレタイム)後に、すすきのを目指し運

 

行しました。

 

ループ化になったすすきの停留所は、安全性、

 

利便性の高い歩道乗降可能なサイドリザベー

 

ション方式をとった停留所へ向い、終了する

 

停留所です。ササラ電車は外回りでは、ここ

 

で運転しますが、この先はロードヒーティ

 

ングにまかせて、西4丁目から運転を再開し

 

ます。ササラを回さず通過するのは、ササラ

 

電車を運行すると、外側に雪をはねるため、

 

歩行者に雪や氷のかけらを掛けてしまうほか

 

歩道に雪がたまりアイスバーンを作ったり、

 

するため、危険になるのでササラ除雪をせず

 

ロードヒーティングで雪を融かす方法を使用

 

しています。

 

 

次の停留所:

 

 

外回り 資生館小学校前 293m

 

 

内回り 狸小路 190m

 

 

 

付近の施設、みどころなど:

 

創成川公園、オーロラタウン、すすきの

 

繁華街、新栄寺、中央寺、永照寺、新善

 

光寺など

 

 


 

雪まつり(イベント)2月:大通で雪像を作成し雪まり

 

を開催中にすすきの入口から一部歩行者天国に(南4条

 

から南7条までを会場として、魚、かにを氷付けしたも

 

の氷像を展示しています。個人的に展示後、どうしてい

 

るんでしょう。と思っていましたが、北九州の方で魚の

 

リンクができ、残酷だと不評になっているとか、確かに

 

見るのと、下にあって滑走するのでは、気持ちが違うし

 

めまいをおこさないかな。危険にもなるので、鑑賞は問

 

題ないと思います。

 

食べ物(お土産):明治38年「日の出屋」として創業

 

者小林弥が三八菓子の始まり、大正三年に㈲三八商店と

 

なりました。その後、昭和45年熊五郎ラーメンを発売

 

平成2年には、菓子部門の新ブランドとして「菓か舎」

 

を開設、「札幌タイムズスクエア」を主力製品として、

 

三八すすきの店を「菓か舎」として開店しました。

 

 ちなみにニッカのおじさんの看板は、3代目で初代は

 

1969年だそです。 架け替え工事中に幕を張っていた

 

のですが、ここには「ニッカはどこだ?」と書かれてい

 

たというエピソードがあるとか、ないとか。

 

風物(路面電車の架線支持):センターポール方式によ

 

り、電柱の撤去による歩道の安全性、街の景観を考えま

 

した。それから、センターポールの頂部は、開道50周

 

年記念博覧会の記念塔をイメージした歴史性のあるデザ

 

インとしました。